2015.12.30
根魚@牡鹿半島
15:00〜19:00

そして・・・海難事故w


行く予定はなかったものの

釣り納め&嫁さんの実家にアイナメでも持っていくか!

と、釣行

石巻に入ったあたりから風が強いのが解る

相変わらず、この時期は風に嫌われるが

昨年NMMで最初に入った場所に行く

案の定、爆風だ

しばらく粘ってみたものの

これじゃ面白くないと

NMMで移動した場所に移動

前回、シーバスが釣れていた場所だ



こちらは風も穏やかで釣りやすそう

そして、前回行けなかった小山をテトラ沿いから行けるのが解って

サクサクと奥の防波堤に行く



めっちゃ藻があるので悪くない



しかし、後続のアングラーも当たり前のように来るw

ダメだ・・・誰でも来れるんじゃん



とりあえずネチネチとやっては見るものの

乗せれない小バイトばかりで話にならず

そんなこんなで暗くなってしまったので

車を停めた常夜灯近くでメバルを始める



数投目



ゴゴンっというバイトから一気に潜りこまれる

引き込まれるメバルロッド



メバルならでかそうだけど、ちょっと違う

そして潜られたw



テンション張ったままのラインからはグ・・・グ・・・と魚信があるが

メバルロッドじゃ抜けそうもない

我慢比べしていたら

グググン!!っとそのまま奥に潜り込まれた・・・



うーん、手前だしルアーレスキューみたいなのを近づければ

と、ルアーレスキューを手繰らせてみると

物の見事に魚が藻に化けていた・・・・orz



しかし、何かいる

そして、数投目のフォール中にゴゴンっとバイト



そのまま潜られないように近場まで寄せて・・・・・

潜られた〜!!



でも抜けた〜

みたいなやり取りがあって速攻抜く

デカイメバルかと思ったら30cmくらいのアイナメw



藻が多いからスリリングな釣りだ



持ち帰りDayだから、バッカンに水を入れてアイナメをキープ

何となく解ってきたので

お立ち台みたいな横からキャストしようとする



キャストの瞬間

足を踏み外したw

というか一段下がったとこにかと思って

お立ち台の柵に手を伸ばして柵を捉えるが

勢いが違う!!

海に落ちる!!!

柵に伸ばした手は落下の勢いを止めることもできずに・・・・



次の瞬間

海に浮かんでいる俺

ヤバイ、マジで海に落ちた



マジかよ〜!!

あ〜あ・・・財布濡れてきているのが解るし・・・

うん?メガネは無事だ。運転して帰れるな。

さて、どうすっか?




と、この辺までは余裕でした



回りを見ると一段下がった防波堤に反対にしたハンガーの半分くらいのが打ち込んである






こんな感じ

高さは1mくらい

手を伸ばせば下部にはつかまれそうだ



しかし、腕だけの力でいけるか?

足を引っ掛けるまでには相当の力が必要だ



まずは、泳いで近づく

下の部分に手を掛ける



っていうか、いつまでロッド持ってんだよ!

すぐにロッドを陸上に投げる

感触からすると2ピースの下の部分しかなかった感じだけど



んで、手を掛けて考える



本当に上がれるのか?

しかしフローティングベスト無かったらマズかったな

50mくらい泳げば確か浅瀬だったよな・・・・

とか余裕ぶっこいて考えていた



っていうか、暖冬とはいえ
12月末の海に居るんだぞ>>俺


やばい、速攻上がらないとダメかもしれん



一気に力を入れて両手でつかまる

そのまま懸垂の要領で上部に手を掛ける

よし!片手がかかった!

もうひとパワー!

うぉりゃ〜!!

両手が上部にかかる

よし!これで体を寄せて

片足を下部に掛ける

3点支持完了!

助かった〜!!

と思った



が、それ以上一向に体が上がらない



水吸った防寒着が重くてどうにもならない

両手、片足を引っ掛けたまま茫然とする

いやいや、もっとパワーを!!

うぉりゃ〜!!

だ・・・ダメだ・・・・

体は寄せれても上に上がらない

何としても胸を上部まで乗せないといけないが

どう頑張っても上がらない



何度か試してみるが

徐々に力が無くなっていく・・・・



無理だ・・・

もう一度、落水する

どぼん

ちょっとヤバイぞ、これ

この時点で相当体力を使っているので息が既に上がっている



50m先の浅瀬だと思うとこまで泳ぐか?

いや・・・・もう体力ねーだろ

考えるだけ時間がもったいない



もう一度、ハンガーみたいなのにトライする



今度は両手が上部までで、足を掛けるとこまで行かない

体力が完全になくなっている



また落水する



ハンガーみたいのに片手を掛けて考える

助け・・・・は無理だ、ここ1時間以上誰も来てない

浮かび続ける?・・・・体が動かなくなって死んでしまうだろう



考えるだけ無駄

次の手段

浅場のほうまで泳ぐしかない

幸い、ハンガーみたいなのは3m間隔くらいで浅場まで打っているので

つかまりながら行けば大丈夫そう



海で服来たまま泳ぐ違和感

あんまり進まないけど、ふたかきくらいで1つのハンガー間隔くらいだ



・・・・が、3つくらいまで来た時点で先が長いのを実感

本当に行けるのか?

体力が全然ない

その証拠に泳ごうとするが思ったように体が動いてないので

おもいっきり海水を飲む

おぇ〜

本当にやばくなってきた

諦めたら死んじゃいそうだ



死ぬか頑張るかの状況になってきた

気合と根性だけで浅場と思う位置へ進むが1/3程度くらいしか進んでないのにゾっとする

諦めたら死ぬ

段々と死が近づいてくるのが解る



やっと半分だ



頑張れ>>俺

体力とか気にするな、ロボットのように繰り返して泳げ



あとハンガーが3つ4つくらいになったが気を抜くと体が動かなくなりそうだ



絶対に休まないように体を動かしながら進む

息が完全に上がっている

何度も飲んだ海水が気持ち悪い



そして、次なる恐怖が脳裏を過る



もしかして、浅場じゃない?



釣りしているときは浅場と思っていた場所だけど

足がつかない

しかし、直角に曲がっている場所のために何とかなりそうだ



そして、直角の場所に付いた

どう見ても浅場じゃなかった



しかし、ハンガーみたいなのと直角の壁を使えば上がれるかも・・・・

っていうか、上がれないと終わり



完全に体力が尽きた状態、考えている暇はない

ハンガーに手を掛け壁に足を突っ張り体を上げていく

何とかいけそうだ



よしよし、あと少し

先ほどより条件が良いのに重くて上がらない

諦めるわけにいかないので数cmでも数mmでも上げて足を突っ張り、手を手繰り寄せて体を上げる



い・・・行けそうだ!!

最後はフローティングベストを引っ掛けながらもハンガーみたいなのに胸を乗せれた



助かった〜!!

本当に助かった

ちょっと死んじゃうかと思ったけど助かった!!



あぶね〜



マジ死んだらどうすんのよ。



はぁはぁ!!と息を荒げフラフラしながら車に行く

泳いでいる途中でも思ったけど

車のスマートキーって水没しても大丈夫なのか?



車に近づく・・・・主人を迎えるように室内灯が点灯する



これで無事帰れる!!

速攻、エンジンを掛ける

まずベストを脱ぎ捨て、運転席に座ってクラッチを踏みながらエンジンを掛ける



で、すぐに車から降りて・・・・・

シートに水が浮いている・・・



とりあえずタオルとか乗せる

そして、帰る片づけをする



落下した場所に戻る


このお立ち台の右側から落ちた
常夜灯の影で真っ暗になっているために、お立ち台に気を取られて防波堤の一部と思っていた



まず投げたロッド

2ピースのグリップ側だけ投げたつもりだったのに、ちゃんと両方つながった状態であった

いかにパニくっていたのか解る

そして、投げたときに感触なかったリール

ザウバーは殉職か・・・・しょうがない

と思っていたら

お立ち台の手すりに引っかかっていた

これでタックルは無事だ



びしょびしょの体で片づけをする

バッカンに入れていたアイナメは速攻リリース

ちょっと具合悪くなってきた・・・・

全力な体力を使った上にビショビショな服

ロボットのような動きで片づけをして車に乗り込む

息はずっと上がりっぱなしだ

中々、車が暖かくならない



上半身は予備に持ってきていたタートルネックのセーターに着替え

下半身はそのまま

足は靴下と抜いで長靴を履いた



寒さと恐怖で震えが来る

収まらない震え・・・・

ついでに海水飲んでいたのでオェオェと吐き気が来る

いっそう吐いてしまいたいが吐く体力もないのか嗚咽だけ



15分くらい経過しただろうか・・・・何はともあれ帰るしかないので帰る

車を運転していれば気が紛れるはずだし



そして・・・・帰路についた







まぁ、そんなとこ

 

2015出撃履歴に戻る

メインに戻る

 

 

 

 

inserted by FC2 system